食べる順番ダイエット

475648

 

食事をするとき食べる順番に気を使っていますか?

毎日の食事の中で、何を最初に食べ、何を最後に食べるか、
気にするだけでダイエットにつながります。

最初に食べるのは野菜。繊維質をたくさん摂りましょう。

最初に野菜を食べることで、
食事のときの急激な血糖値の上昇を抑えることができます。

食事の最初は、小鉢いっぱい程度の野菜から。

次に、タンパク質。肉、魚、卵、大豆などです。
筋肉の元となるタンパク質を野菜の後に食べましょう。

最後に、炭水化物。米、小麦、穀物、芋類などです。

炭水化物の前に、野菜やタンパク質をとることによって、満腹感が促されます。
そして炭水化物の量をあまり取らなくてもお腹が満たされるわけです。

慣れるまでは、この順番で食事をとることに専念し、
体が慣れてきたら、炭水化物の量を少しずつ減らしていきましょう。

炭水化物の量を減らすと、最初は力が出ない、
アタマが働かないと感じることがありますが、
極力昼食や夕食では炭水化物を控えることがダイエットの鍵となります。

炭水化物をとることによって血糖値が急激に上昇し、
糖を吸収しやすくなります。

朝はおにぎりなどしっかり炭水化物を取り、昼、夜は炭水化物を軽めに取ること。
特に夜9時以降は炭水化物を取らないこと。

食事に関して炭水化物の量と、摂取する時間をコントロールするけとは、不可欠です。

最初は野菜、次にタンパク質、最後に炭水化物。炭水化物は昼と夜は控えめに。
ダイエット中の食事の取り方の原則です。